デンパイルカ ~ひろぴょこのblog~

ゲームや日常的な話題。

タグ:ゲーム

早くも2018年最初の月が終わる。
一月は行っちゃう、二月は逃げちゃう……とかいう言葉を思い出す。

一月はゲーム機で遊ぶ時間がほとんど取れなかった。
マスターバイク? なにそれ? という状態が続く。

とりあえず、今月で印象的だったゲームニュースというと
ニンテンドーラボの発表は衝撃だったのではないだろうか。
思い返すと、昨年から任天堂はゲーム機に使われている技術をわかりやすく
説明する記事をのせたり、Splatoon2のような限定版の化粧箱(紙箱)
だけをネット販売する、という……なにか兆候のようなものはあった。
しかしダンボールをあんな風に使うとは思わなかった。
暗箱と反射板とひもを用意することでJoy-conの赤外線カメラに動きを
拾わせる、というアイデアは、スマートさばかりを追い求めていては
実現できない、まさに「遊び」の発想だといえる。

ネットの無料コンテンツが当たり前に提供されてきた現代の子供たちには
デジタルとダンボール工作の融合というアプローチはどう映るのだろうか。
実際にニンテンドーラボが後に続く満足感を得られるかどうかは別として
制御装置を自作することで新鮮な体験を得られる、という提示は成された。

Switchの構成を組み合わせることで、他にどんなことができるだろうか?
Wiiザッパーのようなガンコントローラのシステムはもちろんのこと、
PS4やVitaで「とある魔術の電脳戦機」もリリースされる、電脳戦機バーチャロン
シリーズで有名な、ツインスティックのような操作システムも作れるだろう。
もちろんアーケード対戦ゲームのような激しい操作はダンボールには向かない
ことが想像されるが、ゲームスピードがほどほどであれば何とかなるかもしれない。

DSの「超操縦メカMG」であったり、3DSの「スティールダイバー」のように大きな
メカを独特の操作感で動かしたり、特撮ヒーローのベルトや武器のような玩具を
再現するノリも楽しそうだ。
Joy-con Lでビデオゲームらしい基本操作をしながら、赤外線カメラを搭載した
Joy-con Rを装置にセット(動画にあったペダル操作とか)してゲームを遊ぶ、
なんてスタイルも考えられる。

ニンテンドーラボが知育分野の境界を乗り越えてくるのかはまだわからないが、
さらなるアイデアの出現に期待したい。

ついに2017年も終わりだ。
特に12月は忙しい毎日だった。
今月発売のゼノブレイド2は100時間ちょっとでなんとかクリア。
2017120500593800-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
ゼルダのDLC第2弾はまったく手をつけられていない。
ARMSのDr.コイルなんかも試していない……。
それだけ今年はSwitchで豊富なゲームがリリースされたという
ことかもしれない。
ビデオゲームを取り巻く環境で昨年と大きく違う点は、任天堂から
Switchが投入されて、それが市場に受け入れられて、人気がある状態が
保たれているというところだ。
ユーザーにとって「とりあえずこのゲーム機を買っておけばいいかな」
と思えるハードが出てきてくれたことはとても良い出来事だ。
2017121200475300-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
良い出来事といえば、今月は「ロックマン11」の発売発表もあった。
過去のスマブラ参戦やグッズ発売の流れが大きなものになってきた。
国内外で根強い人気を持ちえたからこそ、そしてカプコンが健在で
あったからこそ、こういう動きも起こり得る。
感謝と期待と、大らかさをもって発売を待とう。
2017121700380600-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
2017121700250500-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
2017122309311800-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
ところでゼノブレイド2だが、こんな感じで
前作よりも国内アニメ的な路線が強くなっている。
ありていに言ってしまえばオタク向けだ。
剣と、SFファンタジーと、大きな世界と、美少女とケモノと
ロボットが出てくる、ちょっと複雑だが出来は保障されている
国産の最尖端RPGのひとつであると思う。
2017121423380400-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
特にイベントシーンでのハナの機動はモノリスソフトならでは
という感じがした。時間を作ってぜひ遊んでもらいたい一本だ。

今月もゲームに追われて時間がない。気づけば今年もあと一ヶ月だ。
ソニック フォースの感想を書いていこう。

今回のソニックがどんなカンジかというと、いつものエッグマンと新たな強敵
インフィニットによって世界が支配されかかっている状態から、ソニック達が
反抗戦を繰り広げる……というストーリーで、今までより少し切羽詰っている。

ゲームは、ストーリーに沿って各キャラクター用のステージをプレイしていく
ことになる。 ストーリーは一本で、マルチストーリーではない。

●ソニックと、アバターと、クラシックソニックと……
ブーストが使えるソニックと懐かしいアクションの昔のソニック。

自分で作成するアバターキャラはブーストはできないが、武器であるウィスポンで
ザコ敵を手早く一掃したり、カラーパワーを使って違うルート進行を楽しんだり
ちょっと便利なことができるようになっている。

●グラフィックは綺麗
製作エンジンにはヘッジホッグエンジン2が使われており、Switch版でも
十分に綺麗なグラフィックを楽しめる。
ただし、フレームレートはPS4版などより低くなることに注意したい。
また、マリオなどと比べてグラフィックの色使いなどがややフォトリアル寄り
なので、キャラクターの位置がわかりづらい、など相変わらずな部分もある。

●難度は低め、ただし操作のクセは強い
ステージの長さは、従来のものよりちょっと短めな印象。
5分以上かかるようなステージはほぼないと思っていい。
これは一長一短で、かつてDSで発売されたソニックラッシュのような感覚で
タイムアタックなどをやりやすい面もあるが、初見で2分かからずにステージを
クリアしてしまうのはちょっと味気ない。

操作で不満を覚える点もある。モダンソニックやアバターでの横視点パートでは
ジャンプ移動が難しいと感じた。少し助走をつけないとショートジャンプになって
しまい、簡単な幅跳びもできない歯がゆさを感じることがあった。
クラシックソニックは最初から横視点パート用の操作バランスなので、ジャンプの
手触りに問題はない。

●ナックルズ達
ナックルズはよく喋ってくれる。だが操作したり、一緒に走ることはできない。
今回はしばらく出番のなかったキャラクターの姿を見ることができたが、
操作キャラクターとして彼らが使えればもっとゲームの満足度は高かっただろう。

ちなみにシャドウは無料ダウンロードコンテンツで使用可能だ。
モダンソニックの代わりに選択することもできる。

●まとめ
相変わらず不満点を抱えながらも、ストレス要素は幾分か緩和されてきている。
少なくともシリーズファンをがっかりさせた、いくつかのタイトルのようなことは
ないので、その点は安心してほしい。
アバターの表情が豊かなのも悪くない。
また、スーパーマリオ オデッセイで3D酔いしてしまうような人でも
ソニックフォースは問題なくプレイできる。
マリオほどの完成度はないものの、アクションゲームのタイムアタックに勤しむ方が
性に合っているプレイヤーには進められるゲームだ。

ついに発売となったニンテンドーSwitch用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』。

今回も楽しくプレイしているのが、まだクリアはしていない。
少しだけ感想を述べていこう。

2017103121571900-8AEDFF741E2D23FBED39474178692DAF
●アクションがスピードアップしている
移動速度の話ではなく、マリオの動きがきびきびとしていると感じた。
探索メインのマリオということもあって、動きやすさ、ストレスの少ない応答性が
意識されているのではないだろうか。

●HD振動が強調されている
自分自身、HD振動対応タイトルを多くプレイしているわけではないのだが、
『ARMS』や『Splatoon 2』に比べると、HD振動のパターンが多く、Joy-conの機能を
かなり強調しているように感じられた。
HD振動でおすすめのゲームを聞かれたら、迷わず"マリオ"を挙げることになるだろう。

2017102823383300-8AEDFF741E2D23FBED39474178692DAF
●ささいな事でもパワームーンが手に入る
『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』でもそうだったが、ゲーム上の目的になる
探索のポイントがそこかしこに散りばめられている。
その規模はかつての『スーパーマリオ64』とは比べ物にならない。
その代わり、パワームーンの入手は必ずしもステージクリアの達成感を与えてくれる
ものではないようだった。

●非常に丁寧な"キャプチャー"の手ざわり
本作の特徴である、パートナー、"キャッピー"を使ったキャプチャーアクション。
敵だけでなく、意外なモノにも帽子を投げて"キャプチャー"し、操作できる。
従来のマリオであった"変身"要素をもっと尖らせて多彩なものにしているが、
そのどれもがストレスなく遊べるような、操作キャラクターとして使いやすく
よく調整されたものであることに感心した。
2017102802180800-8AEDFF741E2D23FBED39474178692DAF

●滞空テクニックは健在?
ゲームの多くのシーンはキャプチャーに極力頼らなくてもプレイできるように
デザインされているようだ。全てというわけではないだろうが、
ある程度の選択肢――"縛りプレイ"にもチャレンジできるようになっている。
そんな時、マリオの基本アクションを駆使することになる。
帽子を投げながら足場にする基本アクション、普段はあまり使わない帽子の
上下への振り分け、空中での帽子投げをするとちょっとだけ落下を止められるが、
帽子振り動作と壁キックを連続して発生するように行うと、普段よりちょっとだけ
高い場所へ届くような…… アクションも研究の余地がありそうだ。2017102823230700-8AEDFF741E2D23FBED39474178692DAF

『スーパーマリオ オデッセイ』は、最近のオンラインに依存したゲームと違って、
自分のペースで気ままに遊ぶことができる、非常に良質なタイトルだ。
こういったゲームに集中すると頭がすっきりしていい。
2017103012063700-8AEDFF741E2D23FBED39474178692DAF

9月のゲームライフはどうだったかというと、Switch向けゲームの新作に
手を出すのは一旦やめて、ゼルダのマスターモードを進めたり、彩京の
「STRIKERS 1945」をプレイしていた。10月は「スーパーマリオ オデッセイ」、
11月には「ソニック フォース」、12月には「Xenoblade 2」が出るので
もう年末までプレイするゲームの予定はある程度決まってしまっている。
今は遊びも休息期間だ。

「STRIKERS 1945」は縦スクロールのシューティングゲームだ。
アーケードの初出は1995年。世間では94年末にセガサターンや
プレイステーションが発売され、3Dポリゴンのゲームが増え始めたころ
だろうか。 自分も確かサターンでこのゲームをプレイしたことがある。

使用できる機体はP-38ライトニング、P-51ムスタング、
スピットファイアMk.Ⅵ、メッサーシュミットBf109、零式艦上戦闘機52型、
そして震電J-7など、実在した、あるいは幻の機体を操作してSFな勢力と
戦っていく。 この時代のシューティングだからか、自機の当たり判定が
大きくて敵の弾を避けるのが難しい。

アーケードゲームなのでかなりボコボコにされるが、Switch移植版は当然
難度やチャレンジ数、コンティニュー数も変更可能なので何回やられても
気軽に楽しむことができる。中でも嬉しいのがテーブルモードで縦画面
表示が活きる事だ。Switchを100円ショップで買ったチープなスマート
フォン用スタンドに置けば、手元で小さなアーケードゲームをプレイして
いる感覚を味わえる。 このプレイスタイルはかなり好印象だった。

Switchのローンチからおよそ半年。 幸いにもハードが軌道に乗って、今は
大小さまざまなゲームがとりあえずの体で発売される気配が感じられる。
縦画面対応ゲームとSwitchの相性はかなり良好だったので、こういった
"ベストマッチ”な移植タイトルに期待したい。

8月が終わってしまう。
夜はわりと涼しくなり夜の虫もよく鳴くようになった。

振り返ると、今年の夏も艦これのイベント海域に振り回された時間が多い。

西方再打通!欧州救援作戦と称して7つの海域を攻略したが、
海域数以上に減らすべきゲージが長かったり、複数あったり、海域ギミックの
解除のための出撃を行ったりと気が遠くなる道のりだった。
イベント開始時はほぼ上限の299000あった燃料がE-7(甲)クリア時には
194600くらいまで減っていた。おそらく攻略にかかる資源消費の最も多い
イベントだったのではないだろうか。
愚痴を垂れながらも首尾よくクリアできたのは幸運だ。

特にE-7の海域はボス撃破用編成での大破なしでの道中突破が非常に難しいため、
応急修理要員や同女神、それを装備するための補強増設に余裕がないプレイヤーは
そこまで行ってから苦しむと難度を下げてもやり直しが面倒なので最初から難度を
下げておくなど考えておいたほうがいい。

自分は今のところ難度変更を一切使わず甲難度でプレイし続けているが、ゲームを
快適に遊べないのならば本末転倒だとも感じている。
サービス運営型ゲームは時間の奪い合いだ。 艦これはイベント依存度をもうちょっと
下げてライトにプレイさせてもらいたい。

そんな感じで『Splatoon 2』はあまりプレイしていない。 というかプレイできる
時間はいくらでも作れたのだが、クリアできるかわからない期間限定イベントに
挟まれてしまうと余裕こいて他のゲームなどやっていられない気分だった。

来月は『ARMS』のキャラクター追加などもあるからそちらにも時間を使いたい。
オンラインやアップデート前提のゲームはどうもせわしない。
秋はもう少し落ち着いて過ごしたいものだ。

このページのトップヘ