デンパイルカ ~ひろぴょこのblog~

ゲームや日常的な話題。

最近は常備用のボールペンを厳選するようになった。

普段は油性を使用している。ゲルインキのボールペンはあまり好みでないためだ。
フタはキャップ式。バッグに入れることが多いため、ノック式は汚れる可能性を考え、避けている。
メーカーはZEBRAが多い。 これは100円ショップで買える範囲内での話だ。

今日はZEBRAのエマルジョンインクペン Surari(0.5mm)を買った。
ZEBRAの油性インクペン Tapli clip(0.4mm)よりはペン先に気を使わなくて済む。
用紙の欄内に多くの文字を書き収める場合は、こういった細書きのペンが役に立つ。

身の回りにある、何気ない道具ひとつをとっても、自分の意志や考えがゆき届いたものを使用したいものだ。

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE を観てきた。
以下に感想を述べる。


W編…というか、スカル編はとてもかっこよく、面白かった。
だから多くは書かない。期待して観ればいい。

オーズ編は前評判から覚悟はしていたけれど、ちょっと残念な部分が多い。
素人の私が述べるのは少々おこがましいが、残念に感じたポイントをまとめてみた。

 ・とあるメインキャラAの出番が少ない
 ・とあるメインキャラBの人物設定の捉え方に違和感を覚えた
 ・敵設定の掘り下げがやや適当だと感じた。
 ・唐突な演出が多い。ほとんどの観衆は感情移入できないのでは?と感じた
 ・尺の取り方に無駄が多かった。これはWやTV版オーズのテンポが
  良いため、余計に目立つ

脚本に違和感があったが、役者さんの演技やアクション自体はなんら問題ないと思う。
もちろん気にしない、気にならないのなら、それが一番いい。


良かったところ
 ・おやっさんがカッコイイ!
 ・ガタキリバ
 ・オーズの新フォームがカッコイイ!
 ・後半は3DCGシーンが多く、迫力がある


総評:興味があれば迷わず観に行こう。損をしたなんて微塵も思わなかったから。

IDもあることだし、ブログを開始した。

今日の話題は、ロックマン23周年について。

12月17日はロックマンの誕生日だ。
ロックマンは本家2が出会いで、始めたのは3からだ。

当時はロックマンが「まばたき」をするのが新鮮だった。
ゲームはドット絵から3Dポリゴンになり、HD化もしたけれど、
まばたきは未だ当たり前となっていない印象を受ける。

ロボットのキャラクターが人間のキャラクターより
表情豊かであったという事が、少し皮肉にも感じられた。

他の新鮮さはライフゲージだろうか。
ロックマンと敵ボスのライフゲージの長さは同等だった。
自機と敵機がフェアな関係にあるという設定にグッときた。
対等なライバルだからこそ負けられない。
獲得した特殊武器が心強い。

もしゲームを作る機会があれば、こういった要素は意識して作りたい。

ロックマンについてはいろいろと書きたいことがあるが、
きりがないのでここまでにしておこう。

Happy Birthday RockMan !!

このページのトップヘ