デンパイルカ ~ひろぴょこのblog~

ゲームや日常的な話題。

ブログの内容がまとまらないまま一ヶ月が経過してしまった。

大量のボツを出しながらブログ案を考えた結果、即席で何か作り公開することにした。
持論を展開するより、すでに形のあるものについて特集を組む、というスタイルの方が
文章を書きやすいことに気づいたためだ。

○今回の目的は「絵の下手な人間でも気軽に作れるドット絵」

そういった流れで、今回はtwitterアイコン用に製作した
『フラッター号』と『データ』を掲載する。
tip_flutter4B2_96Pmml_data_96_05P2

どちらもカプコンのゲーム、『ロックマンDASH』に登場する乗り物とキャラクターだ。

早めに断っておくが、私の技量は初心者よりややマシな程度で素人の域を出ない。
正しい方法を身につけたい場合は、まともな知識とスキルを持つ人に確認していただきたい。

○製作の流れ

まずは資料集め。どちらも市販ゲームキャラクターの一種なので、ネットを巡回すれば
大量の資料を発見できる。

今回の資料はゲームのスクリーンショットや販促イラストが主体。
どちらも気軽に作るものだから厳しく考えず、細部は必要に応じて確認する。

フラッター号については『ロックマンDASH』のスクリーンショットと
『ロックマン DASH3 PROJECT』進行中に公開されたイラストを参考にしている。

イラストはまともな資料だが、スクリーンショットはiPodなどで画面を直撮りした
やや粗雑なものを使用している。

データの資料は『ロックマン DASH3 PROJECT』のサイトに使用されていた
GIFアニメーション画像。オリジナルはゲーム内で使用される3Dポリゴンモデルを
そのまま取り込んだもののようだ。
こちらは前作までとプロポーション等が異なっているので、古い資料は参照していない。


○製作開始時は低解像度から

今回はアイコン用画像という事で、96x96ピクセルのドット絵完成をゴールとする。

ポリゴンゲーム用のテクスチャーなら大きな解像度で画像を用意し、ゲームの
対応解像度まで落として使う事が多いようだが、今回の工程は逆をたどる。

これは私自身がイラストを描く技能を持ち合わせていないことによる判断でもある。
一部のドット絵ならば、デッサン力が全くなくてもそれなりのものを作ることはできる。

最初は16x16ピクセルからスタートする。
ツールはWindows標準のペイント。この時点で大まかな形状を決める。
mmldata96_16step1

16x16ピクセルとしてある程度の説得力をつける必要がある。

次に大まかな色分けを行う。正確な色をつける必要はないのでペイントの
パレットからそのまま使った。
mmlflutter96_16step1mmldata96_16step3

シリーズを知る人が見れば、既にこの解像度でも何のキャラクターかわかるかもしれない。

この段階で満足してしまうのも大いにありだと思う。
クオリティの高いものを作るのも、チープだが味のあるものを量産するのも自由だ。
いずれにせよ、自己修養にもなるので完成させることだけは守りたい。

○細部への修正

16x16ピクセルでやれることを終わらせたら、次は画像を32x32ピクセルに
スケールアップする。

解像度を上げる度にエッジを崩したりバランスの調整を行う。
太すぎると感じていた線を細くしたり、パーツの距離バランスをピクセル単位で修正する。

mmlflutter96_32step1mmldata96_32step1

○さらに密度を深めていく

さらに300%の拡大を行い、画像解像度を96x96ピクセルにする。
納得できない部分があればさらに修正を加える。
b95916b2.png

データの場合はプロポーションの把握に問題があったようで、ドットの切り詰めや
頭部サイズの修正を余儀なくされた。

まだまだオリジナルとは印象が異なるが、なんとかこのくらいの差異ならOK、と
いえるレベルまで調整した。
mmlflutter96_96step1
カラーについては、基本色と明暗を少し意識する程度。
スキルレベルによる限界もあるため、本格的な作り込みまでは踏み込まない。


○一応の完成
tip_flutter4B2_96Pmml_data_96_05P2

twitterのレイアウトに合わせ、フラッターは右向きに反転。
データは首周りの暗部が目立ちすぎたので埋めて、瞳のハイライトも直した。
まだ頭頂部のカーブは気になるが、レイヤー未使用の見よう見まねでも
ある程度オリジナルに似せることができた、と言えるのではないだろうか。


―― 以上で今回の紹介を終える。

長期間ひとつの物事に取り組んでいる時は大きなストレスを伴うが、
こういった手軽な画像は一日に複数枚完成させることも容易だ。

手軽な表現の手段・趣味をもつことは、日々のストレスを多少なりとも
和らげてくれるように思う。

今後も『完成させる力』を身につけることを大切にしていきたい。

さる 2011年9月4日、日本SF大会 ドンブラコン・エルにて
サイバーコネクトツー 松山洋氏によるソラトロボ講演
『ソラトロボ 空想科学世界の創造と未来』に聴衆として参加してきました。
今回はこの講演の概要をまとめています。

○注意点
文書内容はメモからの引用なので箇条書きかつ受け手の主体で書かれています。
松山氏の言い回しや単語表現自体がほとんど異なっています。
講演で大体こんな感じのことを言っていたよ、という参考程度にご覧ください。

(真摯なファンの方々には既出と感じる情報も述べられていると思いますが
この点についてもご了承ください)

13:30~15:05辺りまで、200ページに及ぶスライドショーによる
やや駆け足の紹介が行われました。

-------------------------------
1 ソラトロボについて
-------------------------------
構想10年、製作3年
DS用タイトルは、氏が知る限り、早いものでは3~4ヶ月で発売される
タイトルもある中(脳トレ系ソフトがあふれかえっていた)、
『ソラトロボ』は3年をかけて製作された大作。細く長くの3年

1998年から構想、2008年から開発
前作『テイルコンチェルト』は約10人による約1年での開発

1年かけTVアニメ2クール相当の資料を作成(3人で作成。のべ1000点以上)

この資料をプレゼンへ持ち込んだ。
世界観にこだわったものであること、そして熱意をアピール

・夢、SF、本物(正統派のしっかりとしたゲームだということだろう)


○3大コンセプト
・3Dアクション … ロボ・ヒトのダブルアクション
・壮大な世界 … ドラマ、緻密な設定
・高品質アニメーション … 1、2部専用OPアニメーション


企画・製作:サイバーコネクトツー、
アニメーション製作:マッドハウス、
キャラクターデザイン:結城信輝
メカデザイン:谷口欣孝

メカの人はスーパーロボット大戦などのデザインも手がけており、
ゲーム用のグラフィックデザインも経験・精通している。

キャラクター納品まで24ヶ月、メカは12ヶ月
後半は本社に缶詰状態で製作

欧州では2011年7/11発売(Nintendo)
北米では2011年9月中の発売(XSEED Games)
ワールドワイドでの展開

バンダイナムコでは海外での受注を取る力が弱い。
そのため欧州ではNintendoのサポートを受けて発売
(発売:バンダイナムコ、販売:○○といった形式)
クオリティが高かったからこそ流通やNintendoのサポートを受けられた。

日本での販売数は約5万本。もっと売っていく

日本と異なり、海外のパッケージソフトは店頭へ同日に並ぶ訳ではない
3週間ずれることもある

XSEED Gamesは販売専門の会社
ヨーロッパではロボはNG。
ロボットというものは6歳~9歳のものという認識
このため、欧州パッケージではヒト推しのイラストを使用

北米からは、欧州の経緯を受け、こちらでも異なるパッケージイラストを
使いたいという要望があり、先方が自発的にラフのイラストを発掘し
リクエストしてきたものを新たにクリンナップした。
ドラマ性をイメージしたイラストが使用される

-------------------------------
2 世界観についての説明
-------------------------------
(今回のスライド説明が)世界観だけで150ページあるという発言
浮遊大陸ならではの文化

イヌヒト、ネコヒトの文化、対立
かつて人類が住んでいた地球の世界設定

キャラ・メカ 内部資料をお見せする

キャラクター紹介
レッド、ダハーカと順に紹介開始
資料の設定には公開レベルがあるそうで、

LV1 タイトル発表時の設定
LV2 発売までに順次明かしていく設定
LV3 実際にゲームをプレイしなければわからない設定
LV4 ゲームをクリアしないとわからない設定
LV5 いわゆる裏設定

このような分類になっているそうだ。
キャラクター資料にはモチーフとなった犬種の写真も併記されていた。

レッドの後はダハーカの全形態からセプテントリオンまで紹介、
キャラクター、その愛機、次のキャラクターといった風に説明。
非公開の設定については、その末尾に〔非公開〕と記載があった。

ベルーガについての説明は「ベジータ」
彼の愛機サラマンデルは排莢ギミックを踏まえたデザインに気をつけたとか

ラーレス、レムレスの全長は5km

ワッフル達ゲストキャラの説明についてはおおむねさらっと流していた。
まもるくんの出演は福岡つながり(CC2の地元との深い繋がりを感じた)。

資料:シップ 
シップは着陸しないので縦長のデザインをしている

資料:島のルール

資料:アイテムの設定 クリステル

資料:年表(裏設定)

資料:食事文化に注意した 肉牛はギウ

資料:鳥、虫、甲殻類は大きい
(太陽に近い環境では大きくなる、ということにした)

資料:イヌヒトの犬種と能力の設定
グラフに載っているオオカミ型のイヌヒトは滅んだ設定。
オオカミ型は魔力が高い(エスパータイプ)

イヌに比べ、ネコはさらに多様。
かなり個性が分かれていたようだ

資料:毛の生え方ルール 
資料:体格図

ライオン型など大きい体格の設定もあったが
メディア容量とメモリの関係で出せなかったとのこと

資料:フランスモチーフだから街の中はフランス語
スタードッグスカフェは英語(フランス国内でも英語表記はあるため)

資料:医療 法律

資料:ハンター
ハンター = 何でも屋

資料:病気の設定(どんな病気にかかるか)
倫理面の問題があり公開・掲載できなかった資料

資料:大陸間移動方法について

資料:宗教の違い
イヌヒトのアンジュ教のイメージはキリスト教。カトリック
ネコヒトはオシラサマ 踊りなどがありこちらの方が楽しそう、とも

資料:ファッションスタイル
着こなしについての説明も記載されている

資料:バルーンベスト
島から落ちないための一般装備。
これは先にMGSPWに同様のネタをやられてしまったので
ゲームで使われなかった

資料:人気アニメ スーパーにゃっ太について
スーパーにゃっ太はニポン国製の輸入アニメ。

資料:色覚について イヌヒトの色覚は人間とイヌの中間。
アニメであるスーパーにゃっ太は低彩度。ほぼモノクロアニメ

スーパーにゃっ太の資料はわりかし多めだった

資料:ロボの歴史

メモをとったのはごく一部。これらの資料説明を駆け足で進めていった。
(ナノマシン、呪術、電柱トイレや貨幣などついての資料等も確認している)

-------------------------------
3 今後の展開
-------------------------------
小説、ゲーム本編、一年後の世界を描いたラジオドラマなどを展開してきた。

サイトについて
バンダイナムコゲームズのグランドサイトと
サイバーコネクトツーのユーザーズサイトの相互リンク
どちらもCC2がサイト製作。

粘り強いCM展開。今年も新規CMを製作されるほど

TwitterやFacebookによるユーザーとのコミュニケーション
情熱的なマーケティング

4月にはソラトロボ博物館(震災のため、3月予定を延期した)も

グッズ展開
ファンブック等について
ゲーム本編での採用を潜り抜けたスタードッグスコーヒーも
さすがにマグカップのグッズはバンダイナムコから「(スタバから)訴えられたら
困る」と許可が出なかった

プレーリー王国はベルギー(ベルギーワッフル、から)
ニポン国は4分割されている。まもるくんは九州地方。四国はジゴク、といった発言も
シェパルドのロボは首のあるドラゴンヘッド
プレーリーのロボはフェイスレス
ニポン国にロボットはいない(ロボット技師がいない)。車は走っている


リトルテイルブロンクス構想の第4作『ストレルカストーリーズ』についても少し触れられた。

○スライドの中から読み取れたキーワード
クドリャフカ(人名) 社会主義連
人工のクリステル(チェルノブイリ?)
事故 テロ 処刑 ロケット ヲレスの死 宇宙


直接名言はされなかったが、資料から読み取る限り、今作の舞台はロシア方面で、
コスモナーフト(宇宙飛行士)に関わる物語となるようだ。
(『クドリャフカ』や『ストレルカ』という名前を知っている人なら安易に想像できる)

今回見せた資料は初期のものだそうなので、一体どこまで描くのか、
他の作品の影響を受け、今後どのくらい内容に変化が出るのか不明。

社会主義連、テロ、事故、処刑などといった単語が出てきたり、
資料を見る限りは明るい雰囲気がなく、死や社会問題など
やや高年齢層向けのシリアスなテーマが感じられた。
死を乗り越え、意思を継いでいく内容になると思われる。

今まで以上に現代社会との密接な関連性をおぼえる。

チェルノブイリをモチーフにしたメロウクリステルまわりなどは
今年の震災や原発の問題を連想させそうでもあり、使いづらいはずだろう。

『ストレルカストーリーズ』についてはハードやジャンルも依然伏せられたまま。
現在の印象ではストーリーのイメージは伝わるが、ゲームプレイのイメージは
全く見えてこない。もしかするとアニメライクなテキストアドベンチャーや
ビジュアルノベルのようなものになるのではないかという印象を抱いた。


-------------------------------
感想
-------------------------------
ソラトロボがバンダイナムコや任天堂に高いクオリティを認められていることは
しっかり伝わりました。
そして、国内では発売から一年近くが経ちますが、海外での展開や費用回収は
まだまだこれからだという意気も感じます。

また、1000点を超える大量の設定資料が企画を通す情熱を示したという
事例だという点も見逃せないファクターだと思います
(実際、これだけの資料を持ち込まれたら相当のインパクトがあるはずです)。

昨今の精力的な取り組みもあって、サイバーコネクトツーの存在感は
着実に増してきている印象です。

高いモチベーションをもって作られた、クオリティの高いゲームタイトルは
もっと評価されるべきではないでしょうか?

『ストレルカストーリーズ』や『アスラズ ラース』など、今後の
CC2製新作タイトルにも大いに期待したいですね。


普段とは趣向が違いますが、私が使用しているiPhoneAppから少し紹介します。
基本無料で、定期的に起動させる気になれるタイトルをチョイスしました。



●ねんどろ惑星(ねんどろプラネット)
 メーカー:グッドスマイルカンパニー

ねんどろいどの広告も兼ねたアプリ。しかしゲーム内容はしっかりしている。
マップのルートに沿って進入してくる敵に対し、ねんどろいど達を道脇に配置して攻撃させ
敵の進行を喰いとめるステージクリア型のゲーム。属性や相性、レベルアップの概念もある。
3Dモデルはベンダー(ガチャガチャ)で増えていき、カタログや3Dビューワを
楽しむこともできる。攻略ステージも豊富。

ちなみにミクをはじめとしたボーカロイド達は隣接ユニットを強化してくれる。
ジョイまっくすさんも強い。

●ファミ通App
 メーカー:エンターブレイン

雑誌、週刊ファミ通の縮小版。毎週金曜日更新。
ファミ通をわざわざ立ち読みするくらいならこういったアプリで
済ませるのも一つの手。


●乙葉しおり(朗読少女)
 メーカー:OTOBANK

朗読アプリ。乙葉しおり(CV:ささきのぞみ)がさまざまな本を
朗読してくれる。 本(朗読データ)の購入はアドオンなので有料だが
毎日、今日は何の日なのかコメントしてくれるので一日一回は
起動する気にさせてくれる(日時確認の為かネット接続が必要)。

アドオンデータは文庫の古本を買うことに比べればやや高額だが、
一時間以上かかるものもあるので、声優さん等の人件費を考えると妥当かとも思う。
朗読少女 公式サイトはこちら
http://rodokushojo.jp/


●朗読執事
 メーカー:OTOBANK
朗読アプリ。マーク・ブック(CV:近藤 隆)が朗読を行ってくれる、
どちらかといえば女性向けのアプリ。朗読少女と同じ本を読むという
わけでもないので、両方カバーするといいかも。
朗読執事 公式サイトはこちら
http://www.rodokushitsuji.jp/


●PowerofCoin
 メーカー:PROPE(プロペ)

誰もがゲームセンターで見かけたことがあるであろう、メダルゲーム。
あのノリでコインを投入してコインの山を手前に落としていくゲーム。
コインを落とした数に応じ、画面上に兵士が現れて神(いわゆるボスモンスター)に
攻撃を加えていき、やがて倒すというクリア要素やレベルアップもあり
ルールを理解するにつれてどんどん楽しくなる。

コインやコレクションアイテムを追加購入することもできるが、
30秒経つごとに利用できるコインは自動的に増えるし、
ゲームをプレイしていなくても次の起動時には時間に応じチャージされるので

コインを切らして遊べなくなってしまったら潔くあきらめて
時間をおいてまたプレイすればいい、という付き合い方ができる。

PROPEという会社はソニックやNiGHTSで有名な、元セガの中氏が立ち上げた会社。
新鮮なアイデアや操作性で今後に注目したいソフトハウスのひとつ。


●CapcomGames
 メーカー:カプコン

カプコン往年のアーケードゲームをプレイすることができる。
タイトルはストリートファイターシリーズや超魔界村など豊富。
ゲームをプレイするためにはアーケード筐体、つまりタイトルを購入するか
ゲームチケット(1プレイ権利)を使用する必要がある。
毎日3枚のゲームチケットが無料チャージされるので、1日3プレイまで楽しんで
気に入ったタイトルがあったら購入すればいい、というスタイル。


●瞬間脱出
 メーカー:チュンソフト

赤いスイッチを押しながら 黄色いドアの 緑色のスイッチを押せ、などの
指示に従い、タッチ操作のみでお題を次々クリアしていくという単純明快なルール。
他人に遊ばせるにも手軽なゲームなので常備しておくといいかも。


●NHK WORLD TV Live
 提供:NHK
NHKのワールドニュース。 当然英語。 これは娯楽アプリではありませんが
国内ニュースの報道スタイルに飽き飽きしている方や、
英語をかじりたい人に結構おすすめ。



いかがだったでしょうか。
iPhoneやiPod、iPadなどにはいくらでも暇を潰す手段があります。
ブラウザで音泉などのインターネットラジオを聴くのも定期的な楽しみになるでしょう。

もちろん有料Appに範囲を広げればさらに選択肢は広がります。
CAVEのシューティングゲームやGroove Corsterなどもぜひプレイしてみてください。
学生さんやクレジットカードを使いたくない方は支払いにプリペイドのiTunesカードを
使用するといいでしょう。セブンイレブンや量販店で販売しているのでお手軽です。


このページのトップヘ