デンパイルカ ~ひろぴょこのblog~

ゲームや日常的な話題。


2011年7月19日。
ロックマンDASH3 PROJECTの中止が発表された。
以前から活動の雰囲気にやや鈍いものが感じられていたが、
ファンの多くにはいきなりの残酷な発表だった。

SNSのDASH開発室も約1ヵ月後に閉鎖される。記事・素材や
コメントの回収はできるものの、新規投稿やファン同士の情報交換が
封じられたのは痛い。
おそらく関連サイトの炎上を恐れての事だろうが、引っ掛かりを覚える。


DASH3 PROJECTは今までいくつかのトラブルに見舞われてきた。
稲船氏の退社は後ろ盾を失ったという意味では無視できないし、
今年3月の震災さえなければ、東京の3DS体験会で試作版に触れる機会も
得られるはずだった。
そしてプロローグ版の配信延期。今思えばこの辺りの動きは特に不可解な
ものだった。

プロローグ版の配信まではこぎつけると思っていただけに、現在の状況は
最悪のシナリオのひとつだといえる。
カプコン経営陣がどのような条件を提示していたのか、開発陣がなにを
達成できなかったのかは、いちユーザーとしては知る由もない。

ただ、わかっていることは、ロックマンに限らず、キャラクターで
長期間ビジネスを展開することは非常に難しく、ロックマンDASHは
他のロックマンと違い、急いでも半年では完成し得ないゲームであるということ。

ロックマンDASHで収益を上げるには、開発体制、販売構造、ゲームシ
ステムなど、もっと根本的な部分にメスを入れる必要があるのかもしれない。


ここからが本題だ。

現在、国内外で多くのDASHファン(MMLfan)が打ちひしがれて
いることと思う。無理はない。 しかし、下のように諦めていない人達もいる。

facebook での署名活動
http://www.facebook.com/pages/100000-Strong-for-Bringing-Back-Mega-Man-Legends-3/149316248475958?sk=wall

たのみこむ でのリクエスト
http://www.tanomi.com/metoo/r/?kid=88659

要は諦めたら負けだ。
ファンの動きがなければカプコン経営陣はDASH3の中止のみならず、
最悪の場合、今後もロックマンシリーズを凍結しかねない体制にある。
 (それだけ今のゲーム業界は深刻な問題を抱えているともいえる)
灯火がどんなに小さくても、自分が尊いと感じるものは素直に守るべきだと思う。
それは無駄でも、徒労でもない。 Rockであり、自己の証明だ。


ロックマンDASH3 PROJECTを支持してくれた全ての人に
自身の努力を否定せず、不屈の精神と希望を持ち続けてほしいと願う。



次回更新はDASHのファンアートを掲載しようと思う。

ニンテンドー3DSを購入した。
カラーはひと目で3DSとわかるアクアブルーをチョイスした。
いくつか気づいた点を述べてみよう(あくまでも個人の主観だ)。


●バッテリーは充電済み
フル充電かどうかは未確認だが、開封してすぐに起動可能。

●初期設定は任天堂ハードにしてはやや複雑
立体視の確認、Miiの設定、インターネット接続、利用規約の確認は任意だ。
最初に作ったMiiは、後でWiiで使用していたMiiにデザインを修正した。
(顔パーツのサイズバランスが「正確すぎて」気に入らなかった)

●タッチペンが見つからない?
説明書を読む前に本体を触ってしまったため、タッチペンを探し回った…
実際は本体背面、赤外線装置(!)の横にある黒いパーツがタッチペンだ。
DSLiteに比べるとコンパクトだが、少々取り出しづらい。

●ストラップは付属せず。本体を傷めないようなものをチョイスしたい

●オプション項目はWiiより多い

●メニューの多くはタッチ操作が基本。ボタンが使えないシーンが当然のようにある

●本体のさわり具合は「カッチリ」。スライドパッドは「やわらか」

●STARTボタンの配置には戸惑う。十字キーはほぼ使わない

●画面の明るさについて:初期設定は最大輝度
5段階の明るさ設定にくわえて、省電力機能の項目がある

●バッテリー持続時間は短め。スリープ時のバッテリー持ちは心配なし
前情報から明らかになっていたことだが、バッテリーの持続時間は短い。
従来のDSシリーズよりもPSPやiPhoneを想像してもらうしかない。

●DSの互換表示は引き伸ばし式。粗が出やすいが表示サイズはそのまま

●立体視は自然。まっとうな3D。ソツなくこなしている印象
立体視は確かに実現され、新しい価値が付与された。だが新鮮味はなく、むしろ自然だ。
3D対応シーンではスライダー横のライトが点灯する。気軽に調整できる点が好印象。
サウンドボリュームより頻繁に触ることになるだろう。

●SDカードは東芝の2GB。日本製。クラス表記なし。
SDカードは挿しっぱなしを推奨。メモリーカードよりはWii本体メモリに近い使い方。

●ゲーム中断はHOMEボタンが基本。
次のソフトを起動させるか、「終了する」を選択するまで復帰可能

●スライドパッドの操作感覚は良好。しかし苦手分野も。
波動拳コマンドは、あのセガサターンのコントローラより出しやすいが
昇龍拳は十字キーの方が楽だろう。

●メタルカラーはデスクに存在感を放つ
本体を閉じた状態で置かれていると、携帯電話より大きく、
画面のないガジェットが置かれているという無言の存在感が際立つ。
部屋に置かれていれば、入室した誰もが3DSに気づくと思う。

●立体視のダメージはあるのか?
半日遊んだが、立体視による頭痛や眼の痛みは感じなかった。
しかし、画面に視線を集中する機会は多くなった。
長時間、携帯ゲーム機の画面を凝視する行為自体に注意すべきだと思う。

●今、3DSは「買い」か?
結論から言えば、タイトル不足の面からまだ早いと思う。
従来のゲームらしいプレイができる遊びやすいタイトルや
各々の嗜好に合ったタイトルが出るまでは様子を見ていいだろう。
しかし待ったからといってすぐに値下げが期待できるハードでもない。
今後、マリオカートなどのウルトラ級キラータイトルが発売されるので
年内にはハードの盛り上がりを見極めることができるのではないだろうか。

 

 

最近は常備用のボールペンを厳選するようになった。

普段は油性を使用している。ゲルインキのボールペンはあまり好みでないためだ。
フタはキャップ式。バッグに入れることが多いため、ノック式は汚れる可能性を考え、避けている。
メーカーはZEBRAが多い。 これは100円ショップで買える範囲内での話だ。

今日はZEBRAのエマルジョンインクペン Surari(0.5mm)を買った。
ZEBRAの油性インクペン Tapli clip(0.4mm)よりはペン先に気を使わなくて済む。
用紙の欄内に多くの文字を書き収める場合は、こういった細書きのペンが役に立つ。

身の回りにある、何気ない道具ひとつをとっても、自分の意志や考えがゆき届いたものを使用したいものだ。

このページのトップヘ