デンパイルカ ~ひろぴょこのblog~

ゲームや日常的な話題。

二月は逃げちゃう・・・…先月と同じことを言っている。
今回も時間がないし、ちょっと雑だがバーチャルなアレについて考える。

ビデオゲームとアイマス文化について考える
『アイドルマスター』(THE IDOLM@STER)はもともとは旧ナムコが2005年に
アーケードゲームとしてリリースしたのが始まりだ。
3Dモデルでアニメ調キャラクターを表現し、コミュニケーションや楽曲など、
キャラクターの魅力をゲーム上で本格的に表現できるようになった衝撃もあり、
私より10歳も上の世代を中心にコアなファンが生まれた。

それがやがてXbox360用に移植され、アイマスは強い集客力があることを世に示す。
このコンシューマ版に搭載されていたグリーンバック表示の機能を応用して編集
されたPVが、当時始まったばかりのニコニコ動画に投稿されることでさらに拡大する。
今では当たり前になった『3D美少女モデルによるPV動画』文化の始まりだ。

その後に初音ミクの楽曲PVが登場して初音ミク人気の最盛へと向かっていくのだが、
VOCALOIDはその楽曲だけでなく、非常にレベルの高いPVという形で発信されたのが
人気に獲得に大きく寄与していたのではないかと思う。
さらに、初音ミクでPVを作るという流れから『MikuMikuDance(MMD)』につながっていく。
初音ミクも3Dモデルを踊らせてPVをアップロードするのが定番となっていったわけだ。

一方、TVアニメでも同じような流れが起こっていた。プリキュアだ。
プリキュアも何代目かで3Dモデルのダンスシーンを流すようになっていく。
アニメやゲームのクリエイター・・・というかオタクはどこかしらで繋がっているものだ。
そこから3DCGによるダンスシーンは他のアニメでも定番の表現となっていく。

最近は『キズナアイ』などYouTube配信窓口もアイドル化が進行している。
バーチャルアイドルの存在と関わりは、今後さらに形を変えていくのだろう。

……つまり、なにが言いたいのかっていうと「アイマスってわりと現在の文化に
大きく関わっているんじゃないか」っていうことと、その前身である
『ゆめりあ』のようなチャレンジは偉大な一歩だったんじゃないかということだ。

それでは艦これの冬イベントの続きに戻るとする。

早くも2018年最初の月が終わる。
一月は行っちゃう、二月は逃げちゃう……とかいう言葉を思い出す。

一月はゲーム機で遊ぶ時間がほとんど取れなかった。
マスターバイク? なにそれ? という状態が続く。

とりあえず、今月で印象的だったゲームニュースというと
ニンテンドーラボの発表は衝撃だったのではないだろうか。
思い返すと、昨年から任天堂はゲーム機に使われている技術をわかりやすく
説明する記事をのせたり、Splatoon2のような限定版の化粧箱(紙箱)
だけをネット販売する、という……なにか兆候のようなものはあった。
しかしダンボールをあんな風に使うとは思わなかった。
暗箱と反射板とひもを用意することでJoy-conの赤外線カメラに動きを
拾わせる、というアイデアは、スマートさばかりを追い求めていては
実現できない、まさに「遊び」の発想だといえる。

ネットの無料コンテンツが当たり前に提供されてきた現代の子供たちには
デジタルとダンボール工作の融合というアプローチはどう映るのだろうか。
実際にニンテンドーラボが後に続く満足感を得られるかどうかは別として
制御装置を自作することで新鮮な体験を得られる、という提示は成された。

Switchの構成を組み合わせることで、他にどんなことができるだろうか?
Wiiザッパーのようなガンコントローラのシステムはもちろんのこと、
PS4やVitaで「とある魔術の電脳戦機」もリリースされる、電脳戦機バーチャロン
シリーズで有名な、ツインスティックのような操作システムも作れるだろう。
もちろんアーケード対戦ゲームのような激しい操作はダンボールには向かない
ことが想像されるが、ゲームスピードがほどほどであれば何とかなるかもしれない。

DSの「超操縦メカMG」であったり、3DSの「スティールダイバー」のように大きな
メカを独特の操作感で動かしたり、特撮ヒーローのベルトや武器のような玩具を
再現するノリも楽しそうだ。
Joy-con Lでビデオゲームらしい基本操作をしながら、赤外線カメラを搭載した
Joy-con Rを装置にセット(動画にあったペダル操作とか)してゲームを遊ぶ、
なんてスタイルも考えられる。

ニンテンドーラボが知育分野の境界を乗り越えてくるのかはまだわからないが、
さらなるアイデアの出現に期待したい。

ついに2017年も終わりだ。
特に12月は忙しい毎日だった。
今月発売のゼノブレイド2は100時間ちょっとでなんとかクリア。
2017120500593800-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
ゼルダのDLC第2弾はまったく手をつけられていない。
ARMSのDr.コイルなんかも試していない……。
それだけ今年はSwitchで豊富なゲームがリリースされたという
ことかもしれない。
ビデオゲームを取り巻く環境で昨年と大きく違う点は、任天堂から
Switchが投入されて、それが市場に受け入れられて、人気がある状態が
保たれているというところだ。
ユーザーにとって「とりあえずこのゲーム機を買っておけばいいかな」
と思えるハードが出てきてくれたことはとても良い出来事だ。
2017121200475300-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
良い出来事といえば、今月は「ロックマン11」の発売発表もあった。
過去のスマブラ参戦やグッズ発売の流れが大きなものになってきた。
国内外で根強い人気を持ちえたからこそ、そしてカプコンが健在で
あったからこそ、こういう動きも起こり得る。
感謝と期待と、大らかさをもって発売を待とう。
2017121700380600-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
2017121700250500-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
2017122309311800-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
ところでゼノブレイド2だが、こんな感じで
前作よりも国内アニメ的な路線が強くなっている。
ありていに言ってしまえばオタク向けだ。
剣と、SFファンタジーと、大きな世界と、美少女とケモノと
ロボットが出てくる、ちょっと複雑だが出来は保障されている
国産の最尖端RPGのひとつであると思う。
2017121423380400-ECCAE210FD0AA1E799B6F807E179FB9A
特にイベントシーンでのハナの機動はモノリスソフトならでは
という感じがした。時間を作ってぜひ遊んでもらいたい一本だ。

このページのトップヘ